Q.日々の仕事について教えてください。
発達に遅れや心配のある子どものことば遊びや運動遊びを通じた療育、そして保護者への支援をしています。子どもたちの「楽しい」「もう一回やってみよう」という気持ちをたくさん引き出し、子ども自身が意欲的に活動しつつ、発達促進に繋がるように支援しています。
Q.仕事をする中で工夫していることはなんですか?
指導員が考えて活動をすることもありますが、それだけでなく子どもたちがしたいと言ったことも取り組みに入れています。
Q.就職する前後で何か変化はありましたか?
「はじめは、夢だった保育士ではなく、療育施設への配属だったので、不安はありました。今は、療育を学び、子どもと接する中で「この時はこうやって支援しよう」という引き出しがすごく増えました。それによって、保護者の相談にのれることが増え、自分への自信とやりがいにもなっています。いつか保育の仕事に携わることになったら、ここで身につけた力や経験がきっと役立つと思います。
Q.今、学生時代の自分に出会ったらどんなことを伝えたいですか?障害の種類や特性などの専門的な分野の授業を学んでおくと保育士でも療育指導員でも、子どもと関わる上でとっても役立ちます。子どもと関わる仕事はとっても楽しいよ♪

私が働くのは…

さつき園


発達に遅れやつまずきのある乳幼児(児童発達支援)・学童児(放課後等デイサービス)と、その家族を支援する療育事業所。発達に合わせた個別プログラムをもとに、乳幼児には、1週間に1回、親子通園による個別療育訓練を、学童児には小集団での療育訓練や放課後支援を実施。子ども一人ひとりの発達をみつめ、家族とともに歩む療育をめざす。お子さんが過ごす集団の場での支援充実に向けた保育所等への訪問や、サービス利用計画作成・相談事業等も行う。1996年創設

わたしの仕事をご紹介。今日も、笑顔でいこう!
ミーティング
その日のご利用者と担当者および一日の流れを確認します。ご利用者の受け入れの準備をします。
乳幼児療育(児童発達支援)
親子で通園されます。個別での運動とことばの訓練をしたり保護者の相談に応じます。
ミーティング/記録/教材準備
休憩
記録/教材準備
学童児迎え(放課後等デイサービス)
学童児を学校まで迎えに行きます。
学童児療育(放課後等デイサービス)
小集団で、運動・集団遊び、創作活動やSST等に取り組みます。
ミーティング/記録/翌日準備
退勤
ご利用者の情報を共有したり、連絡事項を報告して一日の業務完了。
そだつ場の人々

子どもたちみんなの可能性を育てる保育に取り組んでいます。家庭から離れて生活する子どもたちに安らぐ家を作り、発達の遅れや障がいをもつ子どもたちの力を伸ばす活動を行い、成人後にも豊かな生活を送るための支援をしています。

RECRUIT
採用・インターンについての情報は、マイナビでもご覧いただけます。

RECRUIT
採用・インターンについての情報は、マイナビでもご覧いただけます。