Q.今の仕事を選んだきっかけを教えてください。
高校時代に虐待問題のニュースを見て児童福祉に興味を持ちました。社会福祉学科のある大学で実習やボランティアを経験したことで児童養護施設で仕事に就きたいと思うようになりました。峰山乳児院のアットホームな雰囲気や、豊かな自然環境の中で子どもたちを育てられることに魅力を感じました。ゆったりとした環境で子どもたちと接する職員さんの姿が素敵で、みねやま福祉会で働くことを決めました。
Q.今の仕事の魅力は何ですか?
毎日可愛い子どもたちに会えること、子どもたちの成長を近くで見られることです。
Q.日々の仕事について教えて下さい。
子どもたちとの日々の関わりはもちろん、家庭支援専門相談員として、乳児院と家庭や地域をつなぐ仕事をしています。地域や関係機関と連携して、子どもたちを家庭から切り離すことなく、家庭での養育ができるように、子育て家庭のお手伝いをすることが相談員の役割です。
Q.みねやま福祉会を色に例えたら、何色ですか?
虹色。いろんな色を持つ人たちが働いているから。
Q.「マイルール」を5つ教えてください。
・お金がなくても旅行に行く。
・疲れていてもライブに行く。
・おいしいものを食べにいく。
・寝て忘れる。
・善は急げ。

私が働くのは…

峰山乳児院


生後まもなくの乳児〜6歳頃までの、さまざまな理由で家庭から離れて暮らす子ども20名が生活している。赤ちゃんのいのちを守りはぐくむ「あたたかいおうち」であるよう、職員で心をあわせて子どもたちの生活を見守っている。
戦後の混乱期に、子どもたちの命を守り育てるために始まった、みねやま福祉会の最初の事業所。1950年創設。

わたしの仕事をご紹介。今日も、笑顔でいこう!
出勤
子どもたちのユニットに入り掃除や洗濯、朝食の片付けや子どもたちと過ごす。
デスクワーク会議
関係機関や保護者との電話連絡、児童相談所との協議やショートステイ利用の方の面接が入る場合もあります。子どもの通院に付き添う日もあります。
面会者への付き添い
一緒に離乳食や入浴を手伝い、子どもへのかかわり方への助言をし、保護者の育児への不安が減るように支援します。子どものことだけでなく、家庭や保護者自身のことについても話すことがあります。
電話会議デスクワーク
新規ご利用者さんのアセスメント、通所介護計画書、モニタリング等ご利用者に関する書類を作ります。
入浴・食事介助
デスクワークの合間には、子どもたちの入浴や食事の手伝いに行くこともあります。
退勤
一日の業務完了!
つなぐ場の人々

病気や障がい、生活状況などの理由から日常生活を送ることが難しくなった方の相談に乗り、穏やかな暮らしを取り戻す仕事です。
さまざまな困難を抱える方と社会をつなぐ役を果たすため、各々の分野で専門性を深めながら支援をしています。

RECRUIT
採用・インターンについての情報は、マイナビでもご覧いただけます。

RECRUIT
採用・インターンについての情報は、マイナビでもご覧いただけます。